生活費について(学外編)

0 Commentsby   |  04.25.16  |  ACU 学生生活

前回に引き続き今回は学外に住む場合の生活費について書きたいと思います。

3年生以降になると、寮ではなく学校の周りにある家またはアパートメントに住むことになります。学外に住む場合、寮に住んでいる時とは違い様々な物にお金がかかってきます。前回の記事で紹介したように、学外に住んでも寮に住んでいた時と同じように以下の物に月々お金がかかります。

  • 食費
  • 生活必需品
  • 携帯代
  • 洋服代
  • その他(映画などの娯楽)
  • ガソリン代(車を持っている人)

また、上記の物に加えて

  • 家賃
  • 電気代
  • ガス代
  • 水道代
  • インターネット代

これらも学外に住むと月々かかってきます。

家によっては家賃に電気代などが含まれていることもあります。アメリカのほとんどの賃貸には冷蔵庫、洗濯機と乾燥機、食洗機、オーブン、そしてコンロが備え付けられています。ですので、日本のように全てを買いそろえる必要はありません。(家によって食洗機または洗濯機と乾燥機が備え付けられていない場合もあります。)

3年生以降は家に住む人もいれば、ACUのキャンパス内にあるUniversity Park(UP)に住む人もいますしその他ACU近くのアパートメントに住む人もいます。しかし、ほとんどの人は友達と家を見つけてシェアハウスをしています。多くの友達と家を共有して住む方が家賃が安くなります。UPはキャンパス内にあるので学校へ通うのには近くていい場所ですが、家に住むよりも月々の家賃に電気代など全て含まれている上にすでに各部屋に家具も全て付いているので高くなります。家に住む場合、洗濯機などの大きな電化製品はすでに備え付けられているものの、家具は何も備え付けられていない家がほとんどなので、家具などは全て自分で揃えなければいけません。アメリカの場合、家具を卒業生から買い取ったり友達からもらったりして揃えることが多いです。

私はまだ寮に住んでいるので、ここで友人の話を参考に月々何にいくらかかるのか紹介します。彼は月々$900使っているそうです。家賃と電気代に約$430、ガソリン代に$60、携帯代に$60、そして残りは食費、娯楽費と生活必需品などにかかっているそうです。彼の家の場合、彼は現在2人のマレーシア人とシェアハウスをしているため家賃が1人あたり$400、そして家賃に電気代以外は全て含まれているので電気代$30のみ別で払うことになっています。また、彼は車を持っているのでガソリン代もかかります。彼はほとんどの食事を家で作り、週に1〜2回外食をしています。

家により家賃の値段も変わりますし、月々使った量などで電気代や水道代なども変わってくるので毎月この金額だけかかると断言はできませんが今回の記事が生活費の目安として少しでも役立つと幸いです。

りなでした。

生活費について(寮生活編)

0 Commentsby   |  04.23.16  |  ACU 学生生活

学費についての記事は以前書かれていたので、今回は学校外で月にいくらくらい何にどれくらい使うのか寮生活編と学外編に分けて書いていきたいと思います。(学費についての記事はコチラから)

1・2年生の間は学校内にある寮に住むことになり、Meal PlanというBean(学生食堂)を利用できるプランに登録することになります。ですので寮に住んでいる間は、家賃、電気代、ガス代、水道代、インターネット代、そしてBeanしか利用しない場合食費は全て寮費として各学期の初めに支払われているので毎月請求が来ることはありません。学校内では教科書を購入する際や郵便物を送る際、キャンパスストアで食べ物以外を購入する際のみお金がかかります。その他学校外で月々かかるお金としては以下のものが挙げられます。

  • 携帯代
  • 洋服代
  • 外食代
  • 生活必需品
  • その他(映画などの娯楽)
  • ガソリン代(車を持っている人)

*男性または女性で必要となる物は変わってきますし、人によっても変わってきますのでこれは目安としてみてください。

私の場合寮に住んでいても学校外で月々平均約$200くらいは使っています。そのほとんどは外食または映画などの娯楽に使っています。Beanでの食事に飽きてしまった時は気分転換に友達と外食に出かけます。アメリカではレストランで食事した場合チップも払うことになるので、メニューに表示されている金額よりも多く払わなくてはなりません。ですので、一回の外食にかかる費用は$10~という感じです。映画は日本よりも断然安く見ることができます。週末は平日より少し値段が上がりますが、それでも$9で最新作を見れます。アビリンには日本のようなゲームセンターやROUND1などの娯楽施設がほとんどないので、週末友達と遊びに行くとなったら映画を見にいくことが多いです。

上記のもの以外に春休みやサンクスギビング休みなど約一週間の短期休暇がある月は、友達と遠出したり、アメリカ国内旅行へ出かけたりでホテル代や飛行機代などの旅費がかかるので、普段よりも多くお金がかかります。

以前紹介したようにACUに来たばかりの時は色々と必要なものが多いので出費がかさみますが、必要なものが揃って生活が安定してくるとそこまで沢山のお金はかからないと思います。

次回は生活費について(学外編)です!

りなでした。

国内大学 編入準備

0 Commentsby   |  04.19.16  |  ACU入学, ACU国際生活, Uncategorized

今回は今私が進めているアメリカ国内の大学間で行う編入に向けての準備について書かせていただきます。

 

私はこの秋9月からニューヨーク州マンハッタンに位置するNew York Universityに編入をするために今年初旬から準備を進めています。

編入自体はACUに入学を決める際、アメリカ国内であれば編入をすることが比較的簡単と聞いたので1〜2年生修了後にしようと頭の隅にはありました。

 

編入を考える際の流れとしては

①大学の目星をつける

②気になった大学にコンタクトを取る

③1〜2つの大学に絞り、それぞれの大学の編入方法に従って進める

 

❶大学の目星をつける際は、編入をしてまで自分が「どこで」「何を」「どうやって」学びたいのかをしっかりを持っていることが重要です。

私の場合まず大きな街に行きたかったので、アメリカを出てヨーロッパに行くか、国内ではニューヨークやロサンゼルス、カリフォルニアなどの州を考えていました。

その州の中から一番自分の将来に見合った州を選び、そして大学を見ていきます。その際は自分の学部学科に絞って見ていく方法をお勧めします。山のようにある大学から探し始めてしまうと情報が多すぎてスタート時点から混乱してしまいます。

大学のレベルを知りたい時は、National University Rankingsなどを参考にするとよいでしょう。小さな会社や個人が勝手に出しているランキングも捨てるほどありますが、国や大学からの信頼できる情報を集めましょう。

 

大学を数個に絞ったら、学費や授業内容、生活スタイル、住む場所(オン/オフキャンパス)などを比べていきます。

学費は学部によって異なり、その中の学科によっても大きく異なるので注意して確認しましょう。

 

1と2の間に実際の大学を自分の目で見られると良いと思います。

私は冬休みにニューヨークへ行った際に6つキャンパスを回りました。キャンパスツアーのスケジュールには合わなかったので、デスクの方に許可をいただき見て回りました。近所の雰囲気や使う電車も知ることができるので、オススメです。

 

❷大学には新入生からのコンタクト用にメールアドレスが用意してあります。大学のAdmissionページに行けばメールアドレスと電話番号が記載してあるはずですが、新入生用と編入生用を別にしている大学が多いので気をつけましょう。

間違ったメールアドレスに送ってしまっても問題は全くありませんが「私たちは該当する部署ではないのでお答えすることはできません」とだけ返信で教えてくれると思います。

私は、3つの大学に絞った後、全く同じ質問をメールで送りました。そこで返信の時間や有無を含め、学費や私の場合どれだけ単位が引き継げるかなどを比較しました。

 

 

❸いよいよここからが本番です。

大学の入学申込みの際と同じように、お金と時間が許す限り幾つでも申し込むことができます。しかし、大学によりますが$5000〜$7000と安いものではないので、私はNYU一択にしました。

その一つを落ちてしまった時は行くアテがありませんのでリスクがありますが、集中して全身全霊で準備できると思います。

大学により違うプロセスを要求しているので、複数申し込みたい方は締切に余裕を持って始めましょう。

ここからの細かい内容は次回

 

 

日本ではあまり馴染みのない編入ですが、

アメリカ社会は自己のキャリアアップの為の編入や転職などが悪いこととは捉えられていません。もちろんその中で議論はありますが、心配する必要はないと思います。

 

もしACUから、またはACUへの編入を考えている、興味がある方は参考にしてみてください。

 

 

ACUでの生活(College Student編)

0 Commentsby   |  04.17.16  |  ACU 学生生活

前回に引き続き今回はCollege Student編として普通のアメリカの大学生の生活について書いていきます。

日本では1週間でたくさんの違った授業を取っていると思います。しかし、アメリカの大学は1セメスターに取れるクラスの数は少なく、日本のように毎日違う授業を受けません。ここからは私のクラススケジュールを元に説明していきます。

A day(月水金):

  • 9:00~9:50 Accounting (会計のクラス)
  • 10:00~10:50 English (英語のクラス)
  • 11:00~11:30 Chapel (チャペルの時間)
  • 11:30~ お昼ご飯

B day(火木):

  • 9:30~10:50 Macroeconomics (マクロ経済学のクラス)
  • 11:00~11:30 Chapel
  • 11:30~12:00 お昼ご飯
  • 12:00~1:20 Bible (聖書のクラス)
  • 1:30~3:00 Lifeguard (ライフガードのクラス)

*取るクラスの科目と時間は専攻科目やセメスターによって変わってきます。また、人によって取るクラスの数も変わってきますので上記のスケジュールは参考として見てください。

私は毎日9時頃からクラスがあるので1日の始まりが遅めですが、人によっては8時から授業の人もいます。ACUで一番朝早いクラスは8時からとなっています。月水金の週3回のクラスの場合、各クラスは50分日本の大学では考えられないくらい短い時間の授業となっています。しかし、火木の週2回しかないクラスの場合、各クラスは1時間20分(80分)と授業の回数が少ない分授業時間が長くなっています。また、クラスによって大きな部屋で授業があったりESLのような少人数用の部屋で授業が行われたりします。ビジネスのクラスに限らずほとんどのクラスで教授はパワーポイントを使って授業をし、学生たちはiPadなどのタブレットやMacなどのパソコンを使ってノートをとったり、エッセイを書いたりしています。教授によって電子機器の使用を制限する人もいるので一応ノートや筆記用具も必要です。

IMG_2937

英語と聖書のクラスは必修科目となるので絶対に取らなくてはなりません。また、専攻科目によっては理科系のクラス(地学や宇宙学など)を2つ、体育のクラス(ランニングやサイクリングなど)を2つ、社会科系のクラス(心理学や社会学など)を2つも必修となる場合があります。

普通の大学生になると1セメスターに55回のチャペルクレジットが課せられます。ですので、最低でも55回はチャペルに行かなくてはなりません。しかし、11時からのチャペルに行かなくても留学生の場合は以前紹介したInternational Dinnerでもクレジットが得られますし、その他ACUで行われるキリスト教関係のイベントに参加するというのでもクレジットが得られます。55回以上行っても何も問題はないので55回行き終わってからもチャペルに行けばクレジットを得ることができます。

ESL生の場合は12時からのクラスのために11時からお昼ご飯を食べていましたが、12時にクラスがあったとしても普通の大学生の場合チャペルの後にお昼ご飯を食べることになります。Beanの場合お昼ご飯の時だけ、持ち帰り用の使い捨てタッパーとプラスチックカップをもらうことができるので、時間がない時はこれをもらってBeanのメニューの中から食べたいものを取ってクラスに行きます。また、Grab-and-Goというものもあり、下の写真のようにBeanの一角にこのようなブースがありここから既に作られているサンドイッチやサラダを選んで取っていくというものです。Grab-and-Goではペットボトルの飲み物やポテトチップスなどのスナックも選ぶことができます。

image

お昼のクラスであれば、教授によってお昼ご飯を食べながら授業を受けてもいいと言ってくださる場合もあるのでその時は授業中に食べています。

全てのクラスが終わった後はESLの時と同様で、宿題をやったり、ジムに行ったりと自分の好きなことをしています。普通の大学のクラスになると宿題が各クラスからほぼ毎日出されたり、クイズやテストが毎月何回かあるので夜の12時までライブラリーで勉強をして帰ることが多いです。私の場合、月曜日から金曜日に集中して勉強するので週末は月曜日までの宿題等がない限りいつもより長い時間寝たり、友達と映画を見に行ったりとのんびりとした週末を過ごしています。

前回の記事で書いたように、普通の大学生になればACUのキャンパス内であればアルバイトをすることができます。留学生である私たちの場合ACUのキャンパス外でアルバイトをすると違法となり強制帰国となってしまいます。ですので、アルバイトしたい方はACUのキャンパス内でのみとなります。

“アメリカの大学は入学するのは簡単だけど卒業するのが難しい”と言われていますが、これは本当だと思います。アメリカ人でさえ単位が取れなくて同じクラスを2回取る人がいる中で勉強しなければならないので、それなりの覚悟と努力が必要です。私はESLが終わって初めて普通の大学のクラスを取り始めた時にとても苦戦しました。しかし、自分なりの勉強方法と先輩や友達のおかげで乗り越えることができました。アメリカ人でも卒業できる人は45%と言われているアメリカの大学で卒業するためには、周りの人に助けを求めることも大切ですし自分なりのやり方を見つけることも大切です。

楽しいことも辛いこともいろいろあるアメリカの大学生活ですが、日本では経験できないことや学べないことをたくさん学ぶことができると思います!

次回は生活費などについて書きたいと思います。

りなでした。

 

熊本・九州大地震

0 Commentsby   |  04.16.16  |  Uncategorized

アメリカに留まる中で、大嫌いなことが今起こっています。

 

昨日14日から留まることなく続く大きな余震、そして夜中に起こった本震

私も人、インターネットニュース、SNSなどを通しとにかく今日本で何が起こっているのか、被害の状況はどうなっているのか、情報を集め、友達に伝えています

異国のこと、ましてや海を挟んだ遠い日本に関心を持ってくれる人もそうでない人もいますし、熊本・九州がどこか知らない人ばかりです

それでも、同時に心から心配してくれ、日本は強い国だ!と熊本、そして私自身にたくさんのエールをもらっています!

 

私のテキサス州出身の友達は、地震を一度も経験したことがない人がほとんど

異国の地での出来事。5年前の東日本大震災について聞いたことがない人も勿論たくさんいます

だから地震・津波がどれだけ恐ろしいものなのか、初めて使うような単語ばかりを必死に並べて、家族からもらったニュースの画像を見せながら、どうにかこうにか伝えています

 

同時に私も、他国の災害の被害をどれだけ知り、考えたことがあるだろうと。

大きいものはニュースでは取り上げられ、いつどこで起こったか位は知ることができますが、私たちが経験してきたように、本当に大変な災害後については個人としてどれだけ考え、心配したことがあるだろうと。

ましてや取り上げられない事故・災害は、どれだけ現地の人を苦しめているのだろうと。

 

異国の地にいるから、今被災地にできないことはたくさんありますし、もし自分よりも大切な家族・友達が被災した時、直接安全を確認できない、まして帰国できたところで食料・場所など自身の存在自体邪魔になってしまう可能性もある。

けれど、今やっているように、異国の地にいるからこそ知らない人に伝えることができたり、世界へ発信することもできています むしろ家族に避難場所を用意することだってできる

今私は物資や体力での支援はできないですが、自分で知り、人に伝えることはできると気が付きました

でもこれ以上被害の拡大について伝えたくはありません

どうか余震が収まりますように、これ以上死傷者が出ませんように、復旧がすぐにでも始められ、人々が帰るべき場所へ無事帰れますように

 

とても私的な記事になってしまったこと申し訳ございません

テキサス州の大学からたくさんの応援、エール、そして熊本・九州・日本について考えてくれる友達がたくさんいます

日本は強い国です みなさん、どうか、生きてください。

 

ACUでの生活 (ESL編)

0 Commentsby   |  04.13.16  |  ACU 学生生活

ACUでどんな生活を送っているのか今までの記事で少しお分りいただけたとは思いますが、学校生活がどんななのかははっきりしていなかったと思うので、ACUでの休日の過ごし方や平日のスケジュールなどをESL編とCollege Student編の2回に分けて書いていきたいと思います。今回は私の実体験を元にESLのクラスを取っていた時の生活について書いていきます。

以前から紹介しているESLクラス。私はこのクラスを秋学期と春学期の2セメスター受講していました。秋学期は中級レベルのクラスを取っていたので1日に4クラスありました。春学期には上級レベルのクラスを取ることになり、ESLのクラスが3つ、それと1つ大学の授業を取れるということで数学のクラスを受講しました。(ESLのクラスについてはコチラから) ESLの1日のスケジュールは以下のような感じです。

秋学期:

  • 9:00~9:50 Reading Class (教科書を読んだり、新しい単語を習うクラス)
  • 10:00~10:50 Grammar Class (英文法を習うクラス)
  • 11:00~11:50 お昼ご飯
  • 12:00~12:50 Writing Class (エッセイの書き方などを習うクラス)
  • 1:00~1:50 Conversation Class (英会話のクラス)

春学期:

  • 9:00~9:50 Reading Class (教科書を読んだり、新しい単語を習うクラス)
  • 10:00~10:50 Grammar Class (英文法を習うクラス)
  • 11:00~11:50 お昼ご飯
  • 12:00~12:50 Writing Class (エッセイの書き方などを習うクラス)
  • 3:00~4:20 Math Class (月曜日と水曜日のみの数学のクラス)

*私がESLクラスを取っていた時は毎日9時からスタートでしたが8時からスタートする時もあるみたいなのであくまでこれは参考として見てください。また、私の場合ビジネス専攻なので数学を取りましたが、専攻科目によってこの時に取れる授業が変わってきます。

ESLの各クラスは50分のクラスで、月曜日から金曜日まで毎日同じ時間、同じ場所で授業があります。ESL生の場合、11時からのチャペルに参加しなくてもいいので普通の大学生たちがチャペルに行っている間以前紹介したBeanでお昼ご飯を食べることができます。11時半以降になるとBeanがとても混み12時からのクラスまでに食べることができないので、のんびりお昼ご飯を食べたいという方は11時から行くことをおすすめします。クラスが終わってから食べに行くというのもいいと思いますが、Beanのお昼ご飯の時間が11時から2時までとなっているのでクラス前に行った方がいいと思います。また、チャペルに行かなくていいので11時から12時の1時間は有効に使った方がいいと思います。

ESLのクラスは上記の通り午後2時には全て終わります。この後何をするかと言いますと、宿題が出ていたら宿題をやったり、チュータリングと言って週に一回アメリカ人と30分から1時間英会話をする時間があったり、運動好きな人ならジムに行って運動したり、図書館で友達と話したり、寮に戻って昼寝したりなどとにかく自分の好きなことをします。私の場合、学校が始まって最初の1週間くらいはWelcome week(新入生歓迎ウィーク)の疲れと慣れない環境への疲れがあってクラスが終わって宿題をやった後は寮に戻って昼寝することが多かったです。寝ることは悪いことではないですし、むしろ疲れたままの方が体に悪いと思うので来たばかりの時は無理せず寝た方が私の経験上英語だけでなく全てに対しての吸収力が上がると思います。

留学生の場合ACUのキャンパス内でのみアルバイトをすることは可能ですが、ESL生のうちはできません。日本の大学生たちは学校へ通うのと同時にアルバイトをしている方が多いと思いますが、ACUの場合ESL生の間は学校で授業を受けるだけということになります。普通の授業を取り始めればACUのキャンパス内であればアルバイトは可能です。ですので、クラスが終わってしまえばあとは自分の好きなことをするだけになります。

週末は時々ESLのクラスメートたちと一緒にご飯を作って食べたり、友達と出かけたり、部屋で自分の好きなことしたり、日本の友達とSkypeをしたりとのんびりした週末を過ごすことが多かったです。週末に宿題はほとんど出されることはないと思うので自分の好きなことに時間を有効活用できます。

ESL生の間は自由時間が日本の大学生に比べてとても多くなると思います。この空き時間に何をするかはあなた次第です。ESL生になったらそのうちにしか出来ないことを全力で楽しんでくださいね!

次回はACUでの生活(College Student編)!お楽しみに☺︎

りなでした。

A Senior Art Show

0 Commentsby   |  04.13.16  |  ACU イベント, ACU 学生生活

ACUのArt & Design専攻の中では、シニアショーという卒業制作展が長期間にわたって開かれます。

キャンパス内には小さなギャラリーがあり、そこに年間を通していろいろな展示がされるのですが、

シニアショーは4年生が卒業をかけて作品を作っているので、レベルの高いものばかりです。

IMG_4537

IMG_4538

IMG_4539

 

写真は今開催中のVENTURE。

 

展示内容は様々で、絵画やインク画からロゴデザインや写真、さらにはパッケージデザインなどもあり、個性豊かな作品が並びます。今回はコーヒーショップがテーマの作品もいくつかあり、ほのかにコーヒーの良い香りに包まれていました。

ここのアートギャラリーでは美術専攻の全体ミーティングやプレゼンテーションが行われたりもし、美術専攻を考えている方はお世話になる場所です。

 

続 入学確認と住宅

0 Commentsby   |  04.13.16  |  ACU入学, ACU国際生活

先週書かせていただいたAdmissions Confirmation and Housingのstep5から最後までについて

 

step5:Meal Plan Preferences

ここでは毎日の食事のプランを選びます。

ミールプランとビーンバックスについては以前りなさんが詳しく書かれた記事があるので、コチラを参考にしてください。

私もそうですが、土日は外食へ行ったり、自炊を楽しんだりと、ほとんどの学生はアクセス5を利用しているようですが自分のスタイルに合わせて選んでください。

Screen Shot 2016-04-12 at 2.39.25 PM

 

Step 6: Bank Statement

ここでは銀行の預金残高証明書の提出をします。預金残高は大学に入学してから1年間の学費の支払い可能額を証明する必要があり、6ヶ月以内に発行したものを提出してください。

 

Step 7: Copy of Passport

ここではパスポートのコピーを提出します。ビザ申請などをやってきた皆さんにとってはもう慣れたものですね。

パスポートと学生ビザのコピーはこちらにきてからも使う機会が度々あります。いつも持ち歩くのは危険なので、PDF形式でデータ化して保存しておくと便利ですよ。

 

Step 8: First-Year Assessment

ここではACUがあなたのことをよく知るために、自分についてのアンケートに答えます。質問は全部で8つ。プロジェクトに対しての姿勢や、性格についての質問です。

正解不正解はありませんので、気楽に答えましょう。

 

最後にはこのようなページで、今後の新入生オリエンテーションのスケジュールや、書類についての詳細が記述されています。

Screen Shot 2016-04-12 at 3.15.37 PM

 

この記事を書きながら、私も来る前のことを思い出しました。

私の始めの1年間もあと数週間で終わり、新しい誰かの1年間が始まるのかと思うと、とても待ち遠しいです。

少しでもお役に立てたなら幸いです。

 

ACUの学生のファッション

0 Commentsby   |  04.10.16  |  ACU 学生生活

皆さんは”アメリカの大学生のファッション”と聞いてどのようなファッションを思い浮かべるでしょうか?

私がACUに入学する前はアメリカ人はみんなHigh School Musicalに出てくる人たちのようなファッションをしていると思っていました。しかし、現実は違いました…

今から書くことは嘘ではなく実際にACUであった話です…

日本の大学生は男女問わず皆オシャレをして学校へ行くと思います。しかし、アメリカ人だけに関わらずアメリカ大学に通う大学生の中には、”この人パジャマのまま学校に来たんじゃないか?”と思うような人が結構います。また、季節や気温に関係なく年中Tシャツの人や薄着の人もちょいちょいいます。ACUで日本の女子大生のような格好をしていくと、”なんで正装してるの?”と言われる始末です。ACUの生徒たちのファッションはカジュアルというかラフというかなんというか、とにかく日本人大学生のようなオシャレ感は全くありません。

夏はほとんどの人がTシャツまたはタンクトップに男性の場合はハーフパンツまたはジーンズ、女性の場合は男性同様Tシャツまたはタンクトップに写真のようなランニング用ショートパンツ、ジーンズ生地のショートパンツまたはスカートの人が多いです。ランニング用のこのパンツはとても楽なのかランニングしない人でも履いている人をよく目にします。また、日本ではありえませんがアメリカでは多くの女性が大きめなTシャツにレギンスというファッションをしています。日本人はレギンスの上にスカートやショートパンツを履くというのが普通だと思いますが、アメリカ人やアメリカに住むアジア人はレギンスをズボンと同じような感覚で履きます。私はこれにとても驚きました。テキサスの夏はとても暑く、時には40度近くまで気温が上がるのでこのようなファッションの人が多くなります。外の気温がとても高いので室内はどこへ行っても冷房ガンガンで涼しいというよりも寒いです。ですので、私の場合夏でも薄手のパーカーを持ち歩いています。室内に長くいると震えるくらい寒くなってくるので、薄手のパーカーがとても役立ちます!下の写真のようにアメリカ人だけでなく他のアジア人も基本ラフな格好で学校に通っています。アビリンには春というものがほとんど存在せず3月下旬から突然30度近くまで気温が上昇したり、やっと暖かい日が来たと思ったら突然一桁の気温になったりととにかく気候が読みにくいですが、基本5月から安定して9月下旬くらいまで暑い日が続きます。

IMG_4787imageimageIMG_0234

冬は皆長袖を着ていますが、ロングシャツ一枚の人やTシャツの上にフリースを着るくらいの薄着です。日本人のようにたくさん着込んでいる人はいないと言っても過言ではありません。ほとんどの学生たちが皆薄着で、日本人のような重ね着はアメリカでは好まれません。だからと言って、アビリーンの冬が暖かいわけではなく普通に寒く、マイナス気温になることもぼちぼちあります。2015 年から今年にかけては暖冬だったため雪は降りませんでしたが、一昨年はアビリーンでも雪が結構降り休校になることもありました。ですので、基本冬は寒くとても乾燥します。しかし、ACUの学生たちはそれでも関係なく薄着です。アビリーンは9月下旬から気温が徐々に下がっていき、3月中旬くらいまで寒いです。下の写真は11月に撮った写真ですが、夏のファッションに上着を着た程度なのでほとんど夏のファッションと変わりありません。(信じられないと思いますが、これが現実です。)

IMG_1307 IMG_1497

ここで豆知識です!日本語でワンピースのことをワンピースと言いますが、アメリカではワンピースをドレスと言います。どんなにカジュアルなワンピースであってもドレスと言います。私はアメリカに来るまでそのことを知らず、私が初めて学校にワンピースを着て行ったら友達に”そのドレスかわいいね!”と言われ戸惑ってしまいました。食べ物でもそうですが、日本語と英語で言い方が異なるものがあるので戸惑うこともありますが、これらを知ることは面白いことだと思います!ちなみに、パーカーをフーディーと言ったり、マフラーをスカーフと言ったり洋服関係でも言い方が違いことが多いです。是非ACUに来たら食べ物でもなんでも日本語との違いを見つけてみてくださいね☺︎

アメリカ人は学校に行く時はラフな感じのファッションの人が多いですが、プレゼンテーションや面接、教会に行く時はドレスアップをします。ドレスアップと言っても女性の場合はワイシャツを着てスカートをはいたり、ワンピースを着たりという感じで日本人が結婚式等の場でするようなドレスアップはせず、普段着ないようなキレイめな洋服またはワンピースを着ます。女性の場合、基本黒のワンピースであればフォーマルな感じになります。男性のドレスアップとなるとスーツの人が多いですが、下の写真のように教会に行く時やビジネス専攻の人はワイシャツにジーンズ、人によってスーツのジャケットを着るという一見カジュアルな感じのファッションがアメリカではフォーマルな格好になっちゃうんです!

IMG_3312

下の写真はBanquet(バンクエット)と呼ばれる春学期に行われるISA主催のパーティーの写真になります。このパーティーはフォーマルなパーティーになるのでみんなドレスアップして参加します。この時のドレスアップは女性陣は普段学校では着ないようなワンピースにヒールを履いてという感じです。男性陣はスーツにネクタイ、革靴という感じです。日本では白のワイシャツにスーツという人がほとんどだと思いますが、アメリカには様々な色のワイシャツが売られているので、ワイシャツの色を変えてスーツを着るのもおしゃれだと思います。また、日本ではなかなか色のついたワイシャツを着る機会がないと思うので、この機会に着てみるのもいいと思います!年に一度はドレスアップする機会があるので、日本からスーツやドレスを持ってくることをオススメします☺︎

IMG_4404

ACUにいる日本人は今回紹介したようなファッションに関係なく各々好きなファッションをしています!

IMG_1613 IMG_0294 IMG_4163

次回はACUでの生活の様子について書きたいと思います。

りなでした。

 

郵便について

0 Commentsby   |  04.07.16  |  ACU 学生生活

アメリカでどのように日本からの荷物を受け取るのか? アメリカから日本に荷物は送れるのか? この質問に答えるために今回は郵便について書きたいと思います。

ACUのキャンパスセンターの中には郵便局があります。ここで日本へ送りたい荷物や手紙を送ることができます。また、ACUの郵便ポストに登録していればここから日本からの荷物や手紙、その他の荷物も受け取れます。しかし、ACUの郵便ポストを持っていない人はここでは郵便物を受け取ることはできません。

image image image

下二つの写真のように郵便局の近くにたくさんの郵便ポスト(ACU Box)があります。このポストに登録すると、同時に自分の住所も得ることができます。(寮の住所に荷物を送ることはできないので、寮に住んでいる1,2年生の間はこのポストが必要になると思います。) この郵便ポストには2種類あり、小さいポスト(写真右下)と中くらいのポスト(写真左下の一番下の段)があります。小さなポスト(ハガキや封筒などが入れられるサイズ)の場合、誰かとシェアしての登録であれば1セメスター$25、誰ともシェアせず自分だけでの登録であれば1セメスター$39となります。中くらいのポスト(小さめの箱が入るくらいのサイズ)の場合、シェアだと1セメスターで$39、自分専用だと1セメスターで$61となります。私は小さいポストに登録していますがこのサイズで十分です!

以下のリンクからACUの郵便ポストについて詳しくみれます↓

http://www.acu.edu/legacy/campusoffices/mail/info.html

大きな荷物が届いた場合は自分の郵便ポストに通知が入れられ、それを窓口に持っていくと受け取ることができます。また、何か荷物が届いていると郵便局の方からACUのメールでお知らせがきます。1つ欠点があり、ネットなどでトラッキング確認して荷物がACUに届いているとなっていても郵便ポストに通知が入っていない場合があります。ACUに届いていたとしてもその荷物が受け取れるのは2〜3日後になることが多いですのでご了承ください。しかし、このポストを持っていれば日本からの荷物やAmazonなどで頼んだものは確実に受け取れます!

ACUの学生の多くはAmazonをよく使います。時々教科書はAmazonで購入またはレンタルした方がキャンパスセンターで購入するよりも断然安いです。アメリカのAmazonは日本とは違い届くのに時間がかかります。ですので、ほとんどの人がAmazon Primeに入会しているため欲しい物を頼んでから2日ほどで着くことが多いです。なので、Amazon Primeの会員になることをお勧めします。しかし、日本とアメリカのAmazonは商品等が異なるのでアメリカのAmazonに登録した方がACUに来てから活躍すること間違いなしです!

3年生以降になると家に住むことが多くなると思うので家の住所に荷物を送ってもらうことになります。また、3年生以上の場合でもこの郵便ポストに登録することができます。アビリーンのダウンタウンの中にも郵便局があり、ここでも日本へ荷物を送ることができます。

ACUにいても日本からの荷物や手紙は受け取れるので心配はいりません!

次回はACUの学生たちのファッションについて書きたいと思います。

りなでした。