アビリンについて

アメリカ合衆国のテキサスのおよそ真ん中にある市、アビリン(Abilene)にACUはあります。

アビリンは人口およそ11.7万人、286.5平方kmほどの茨城県日立市よりも少し大きいくらいの広さがある市です。市外からの主な交通手段は自動車ですが、市の南東には空港があり、アビリン市近辺で最も近い大きな都市、ダラスとフォートワースの間にあるダラスフォートワース空港との行き来が飛行機でも可能です。ダラスからアビリンまでは車で約3時間ですが、飛行機だとおよそ45分間の飛行時間で移動することが出来ます。

アビリンの気候は日本と違い、乾燥していて気温の差が大きいのが特徴です。春夏秋冬の中でも春と秋の時期は短く、又はほとんど存在していなく、前日は25℃以上あったのに翌日になると最高でも15℃弱ほどの気温しかないという日も度々あったほどです。夏は、だいたい5月から9月、10月上旬まであり、真夏には40℃前後の日が続くこともありますが、とても乾燥しているので日本で感じるジメジメした不快感はあまり無く、日差しの下にいるとジリジリと日差しの強さが直に感じられます。ですが、日陰にいる分には気温の割には過しやすい気候です。冬は10月の下旬や11月の上旬から、全体的な気温の上昇がみられる3月位までで、年によっては12,1,2月に雪が降り積もることもあります。2009年の12月25日のクリスマスにはホワイトクリスマスになった事もあるくらいです。2011年の2月には3,4日間、氷点下の日が続き、1日目に降った雪が凍り、溶けないでいる日々が続いたこともあります。天気は1年を通して晴れの日がほとんどで雨が降ることはまれにあるくらいです。

アビリン市内には動物園や博物館、美術館などがあります。そのような観光施設も数々ありますが、地形は平地で山や背の高い木などはあまり見られません。なので実際の地平線から昇る朝日やそこへ沈む夕日はとてもきれいです。初めてアビリンのような平地に来る人は空が高いと良く言っています。ACUは、市の北東部に位置してますが、ショッピングモールや様々なレストランなどは南部のほうに集中しています。車で5分から10分の距離にダウンタウンがあり、美術館や博物館などがあります。アビリン市内には3つの大学と1つの短期大学が存在していて、大学はACU,HSU(ハーディンシモンズ)、McMurry(マックマリー)があり、CiscoCollege(シスコ)という短大です。このことから分かるように、アビリンは市を挙げて教育を重視しています。

市の安全面ですが、アビリン市内で犯罪や事件がまったく無いとは言いません。しかし、ACUのキャンパス内、もしくはキャンパス周辺にいる限り、年中無休、24時間ACUPoliceキャンパス周辺を巡回しており、様々な場所で街灯や緊急連絡ボタンが設置されてあり、安全な環境にACUはあると考えてよいと思います。

質問などがありましたら、こちらにコメントをください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *