Archive for ‘ACU 学生や教職員’

ブロガー: 恒枝 拓馬

0 Commentsby   |  12.29.17  |  ACU 学生や教職員

こんにちは!
新しくブロガーになった、恒枝拓馬です。

僕はACUの一年生で神学部 (Bible and Ministry) を専攻してます。来年度はグラフィックデザイン部と二部専攻できればと考えています。茨城出身の自分ですが、ACUは日本人の友達とアメリカ人の友達、どちらも暖かく迎えてくれて一学期を終えました!

「留学」という言葉を聞くと、緊張、不安などといろんな気持ちが浮かび上がると思います。その緊張を期待に変えて、楽しみと夢を胸にアメリカに留学する人が一人でも増えるよう、ブロガーとして頑張ります。自分の経験からACU内のことはもちろん、またアメリカの伝統や習慣も分かち合えればと思っています。

ACUの良さをバンバンshareしていくので、質問やコメントがあったら気軽に知らせて下さい!

Takuma Tsuneki

Dinner at Dr. Marquardt’s House

0 Commentsby   |  04.22.17  |  ACU 学生や教職員, ACU 学生生活

先日現在取っている経営学のクラスの教授のお宅で夕飯をご馳走になりました。

日本ではなかなかないことだと思いますが、ACUでは稀に教授の自宅でご飯を一緒に食べることがあります。クラスの人数が多いと招かれることは滅多にありませんが、人数が少ない場合はセメスター中に1度は招かれることがあります。

今回招待してくださった教授はDennis Marquardt (デニス マークォワード)教授でした。

デニスさんはウィスコンシン出身で、2015年5月にテキサス大学でマネジメントの博士号を取得し、その年の秋からACUでビジネスのクラスを教えています。ビジネスの内容の中でもデニスさんはリーダーシップについて多くの知識を持っているので現在私が取っているリーダーシップのクラスでは本領発揮という感じです。(デニスさんについて詳しくはこちらをご覧ください。)

現在デニスさんはACUから少し離れたところに奥さんと二人の子供の四人で暮らしています。お宅はとても大きくお庭にはプールがついていました。

夕飯には奥さんの手作りのファヒータ(メキシカン料理)を食べました。とても美味しかったです!ご飯中はクラスメート達と楽しくいろいろなお話をしました☺︎

ご飯の後は皆でゲームをしました。6枚の紙に好きなものや嫌いなことを3つずつ書き、箱の中に入れ、その中から引いた紙に書いてあるものを言葉ではなく体で表現して書いてあることを当てるというゲームでした。時々表現に困ることが書いてあって難しかったですがクラスでは見られない皆の新たな一面を見ることができたので面白く楽しかったです!

ACUでは教授のお宅でご飯というのが結構あることなので不思議なことではありませ。しかし、他の大学では滅多にないことなのでこれはACUならではなのかなと思います。教授と生徒が仲良くなれるACUが私はとても好きです!

楽しいひと時を過ごせて幸せでした♡

りなでした。

ブロガー: 蓼沼 楓

0 Commentsby   |  02.08.16  |  ACU 国際生活, ACU 学生や教職員

はじめまして!

この年から新しくブログを更新することになりました 蓼沼 楓です。

 

私は昨年(2015年)5月にACUに来て半年間ESL生として英語を学び、今はグラフィックデザイン専攻として美術を中心に勉学に励んでいます。気の合う友達、家族のように見守ってくださる先生方、そして大変お世話になってる日本人の先輩方のおかげでとても充実した生活を送ることができています。

 

前学期はマーチングバンドに所属、今は作品作りや個人的な取り組み、そして将来の目標を達成するために、今年の秋からニューヨークにある大学に編入することを決意しました。

個人的には旅や音楽が好きなので、皆さんにはACU内だけでなく、アメリカの文化や、制度、そこにACUがどのようなサポートをしてくれるのか等もお伝えできるかと思います。

 

私自身も高校生の時にこのブログを読んでACUに入学を決め、準備をしていたので、こうしてブロガーになれることを大変嬉しく思います。

大学について、ましてや異国の地のことで分からないことも分からない状況だったので、その経験を元に皆さんを少しでもお手伝いできたらなと思っています。

何か興味のあることや気になることがありましたら、お気軽にコメントしてください。

 

これからよろしくお願いします!

Kaede

IMG_7599

ブロガー: 岩上 りな

0 Commentsby   |  02.02.16  |  ACU 国際生活, ACU 学生や教職員

こんにちは!
岩上りなです。
先月成人式と誕生日を迎え20歳になりました。
20歳の新しいスタートとして今年から日本人向けにACUの日本語ブログを書くことになりました‼︎

私はACUに来てからESLという留学生向けのクラスを一年間受け、現在は私の専攻である経営学(Business Management)について勉強しています。まだACUを卒業した後何になりたいか決まっていませんが、色々な経験を経て結果的に父が経営している美容室を継ぎたいと考えています。

ACUに来たばかりの時は不安でいっぱいでしたが、沢山の友達や同じ日本人の先輩方の協力のお陰で今では毎日楽しく充実した日々を送れています。ACUに来てまだ1年半しか経っていませんがすでに貴重な経験を沢山しています。ACUを選んで本当に良かったと思っています。

ブログを書くことに慣れていないので時々文章がおかしいなって時もあるかと思いますが、私なりにベストを尽くしながらなぜACUがいいと思うのか、その”良さ”や”魅力”をこのブログを通じてお伝えしていきたいと思います。質問やその他コメントがありましたら是非宜しくお願いします。

では、次の更新をお楽しみに‼︎

りなでした。

IMG_2404

ブロガー: 恒枝 優

0 Commentsby   |  09.29.15  |  ACU 学生や教職員

はじめまして、恒枝 優です。

ACU の二年生で教育学部 (Elementary Education) を専攻しています。将来はインターナショナルスクール、またはバイリンガルスクールなど、国際的な教育を行っている学校で教えたいという思いで日々勉強に励んでいます。

日本人としてよく聞かれるのは、なぜACUを選んだのですか?という質問です。

一言で答えるには相当難しい質問ですが、このブログを通してちょっとずつその質問に答えていきたいと思います。
ただ、日本から離れていても、ACUのコミュニティーが暖かく、生徒も教授も互いに支えあっているから辛いときもやっていけるのには間違いないと思います。苦労する事もたくさんありますが、世界中から個性的で魅力的なインターナショナル生と学生生活を共にできる私は本当に恵まれているなと実感する毎日です。

そのような学生生活の一面一面を知っていただき、ACUについて興味を持っていただければ幸いです!

 

Screen Shot 2015-10-14 at 1.46.22 AM

ISA President- Mai Anthes

0 Commentsby   |  11.17.13  |  ACU 学生や教職員

今年のEthnosも大成功でした!
写真はJapaneseチームのメンバーと一緒に撮ったものです。衣装もすべて手作りで頑張りました!

1461017_337561653051554_1291834880_n

さて、今回はEthnosを主宰するISA(International Student Association)の代表者である、アンテス舞さんにインタビューをさせて頂きました。
舞さんは、お母さんが日本人、お父さんがアメリカ人のハーフです。高校時代までを沖縄で過ごし、大学からACUに来ました。ACUでは心理学を専攻、ビジネスを副専攻しています。
舞さんのACUに入学を決めた一番の理由は、沖縄で通っていたキリスト教学校に影響され、ACUはキリスト教をもっとよく知るため、体験するために最適な学校だと思ったからだそうです。また大きすぎず小さすぎないACUのような学校は人と深くかかわることが出来るため、さらに魅力を感じたそうです。
そんな舞さんは今年、ACUでのISAの代表に任命されました。ISAとは、ACUでのもっとも大きな留学生たちのグループであり、私たちに欠かせないグループの一つです。ISAは主に留学生たちがアメリカでの大学生活をより良いものにするために、Ethnosのようなイベントを主宰したり、異文化を理解する手助けをし、留学生たちのコミュニティを深めるための役割を果たしています。代表者の舞さんは、ISAチームでのまとめ役であり、行事などの責任者であります。舞さん自身も初めてACUに来た当初は慣れないアメリカの文化に馴染むためにISAに助けられたそうです。舞さんはそんなISAの次の世代を作っていくために、新しいリーダーたちを作るのも彼女の役目だといいます。

1455884_695930967084745_1701274353_n
とてもフレンドリーで親切な舞さんは、私にとってとても頼もしい先輩です!

インタビュー(キャロライン トンプソン教授)

0 Commentsby   |  04.18.13  |  ACU インタビュー, ACU 学生や教職員

今日はACUの教授の一人、もっとも留学生に近いキャロライン トンプソン教授にインタビューをしてきました。
トンプソン教授は彼女のオフィスに入った瞬間に、満面の笑みで私たちを出迎えてくれました。

Q:ACUで何を教えていますか?

今はリーディングのクラスとライティングのクラスをおしえています。今回リーディングのクラスを教えるのは久しぶりです。しかし、リーディングのクラスは毎学期教えています。その他にも、ドイツ語と英語を教えています。
今学期は生徒は少ない割にも、いろいろな国から生徒が集まってきています。今は韓国人、マレーシア人、中国人、コロンビア人、サウディアラビア人の生徒がESL (English as second language) のクラスを受けています

Q:何年間ACUで教えていますか?

ACUで教え始めておよそ20年間になります。ACUに勤めてから2学期目でESL (English as second language) を教え始めました。ESLとドイツ語を教え始めてからは、今年でちょうど17年目になります。

Q:留学生を教える上でどのような経験をしましたか?

フランス語やドイツ語であれば、英語と似ているところがあるので、この生徒はこういうことが言いたいのだろうと、推測することが出来るが、アジアの国の言葉はまったくわからないので、生徒達が何を伝えたいのかわからず、苦労することもありました。ESLを教えることになってよかったことは、他の国々から来ている違った文化を持つ生徒と知り合えることができること、そして、他のいろいろな文化を知ることができることです。それと同じように、自分の教えた生徒たちがアメリカの人々と文化を学んでいるところを見ることができることです。そして、私達の目標はESLを受けていた生徒達に成功してもらうことです。つまり、その生徒達が大学の授業を受けるようになったときに、論文を自分の力で書けるようになること、クラスの中で討論などに自分の観点から、意見を述べることが出来るようになること、そして、友達同士の会話の中に入っていけるようになることです。

SONY DSC

自己紹介2

0 Commentsby   |  02.25.13  |  ACU 学生や教職員

こんにちは。田中知鶴です。私は栄養学を専攻しています。 ACUに来る前は不安でいっぱいだった私も、先輩方、優しい友達と楽しく過ごしているあいたに、あっという間に、一年間半がたってしまいました。勉強も大変で、くじけそうなときがありますが、優しい教授の方々が、一生懸命になり、助けてくれ、一緒に真剣に考えてくれます。

そして、ACUはコミュニティーが小さい分、一人一人とじっくり、仲良くなれ、よく知ることができます。 ここで出会う人たちは皆優しいので、あなたが困ってるときは助けてくれるでしょう。
ACUはこれだけでなく、もっといろいろないいところ、楽しい行事があるので、すこしでも、皆さんに知ってもらうように、そんな楽しい情報をお届けしようとおもいます。

 

自己紹介

0 Commentsby   |  02.24.13  |  ACU 学生や教職員

初めまして、小林育未です。ACUの4年生でCommunication学部で学んでいます。

皆さんにACUの良いところをたくさん知ってもらえるようにたくさん更新して行こうと思っています。そして、ACUに興味を持っていただけたら嬉しいです。

ここにいる数少ない日本人は、いつも協力し合って楽しい時間を分かち合える素晴らしい仲間で、現地の人々は、皆とても心温かいです。これから来る、そんな新しい仲間に会える日を楽しみにしています。

 

 

ACUの誓い

0 Commentsby   |  07.29.11  |  ACU 学生や教職員

アビリンクリスチャン大学は、活気に満ち、イエスキリストを軸とした全く新しいコミュニティーです。ここでは、生徒達の神聖な心と知性の発展に従事し、世界で本当に必要とされる人材を育てます。

ACU Promise 訳: 志賀 有彩実 (茨城キリスト教高等学校二年)