Category Archives: ACU イベント

フットボールの試合

今年でACUに来て3年目となる私も、実は今まで機会に恵まれず、フットボールの試合観戦をしたことがありませんでした。
今回は友達にお願いして連れて行ってもらい、初めて生のACUフットボールを応援することが出来て感激しました!
これまでずっと暑かったアビリンも少しずつ秋を感じられるようになり、この日は夕方肌寒かったです。
選手の皆さん、お疲れ様でした!素晴らしい試合を見せてくれて、ありがとうございます。

IMG_20140906_183031

IMG_20140906_183257

1410050074690

Entra La Plaza – メキシカンダンス

2週間前の金曜日にはEntra La Plazaというイベントがありました。
これはACUのヒスパニックの学生団体が毎年恒例の無料でメキシカンダンスや音楽、メキシコ料理を楽しませてくれる貴重なイベントです。
わたしもこれで3回目ですが、毎回本当に楽しませてもらっています。
美味しいメキシコ料理と楽しい音楽で思い出になるフライデーナイトとなりました!

IMG_20140926_191533

IMG_20140926_192144 (1)

IMG_20140926_184816

IMG_19027472796157

IMG_19011763166982

International Food Festival

毎年春学期にはフードフェスティバルが開催されます。
様々な国からの生徒がそれぞれの郷土料理を振る舞います。今年は150人の人々が訪れました。
私たち日本は今年はコロッケを作りました。全部で200個を作ったのでとても時間がかかりましたが、たくさんの人々が美味しいと言って食べてくれたので甲斐がありました!!

IMG_20140228_235101

IMG_20140301_003512

IMG_20140301_003916

IMG_20140301_161644

1661197_10152237338817416_2068459643_n-300x200

1690170_10152237338562416_709793831_n-300x200

1779849_10152237339762416_1052663032_n-300x200

1780611_10152237871097416_1551616926_n-300x200

1888636_10152237872087416_1984256517_n-300x200

1890990_10152237339377416_57739768_n-300x200

1897780_10152237337962416_95152337_n-300x200

1898267_10152237337852416_1030050789_n-300x200

1900176_10152237338427416_194448142_n-300x200

1978810_10152237339142416_2091843105_n-300x200

1982275_10152237871252416_1006471713_n-300x200

10003441_10152237339122416_87639706_n-200x300

1904183_10152237871957416_10740871_n

Homecoming- Skate Night!

ついに今年もACUにHomecomingの時期がやってきました!
昨日予定されていた花火は悪天候のために今日に延期になりましたが、昨日私たちはHomecomingで恒例のイベントのJam Festと言う生徒たちによるミニコンサートと、ローラースケートをしに行ってきました。

P1040289

P1040293

P1040294

勉強とEthnosの練習で忙しい毎日ですが、みんなで楽しんで良い気分転換になったと思います!

Ethnos 2013- Culture show!

アビリンもいよいよ涼しくなり始め、秋を感じられるようになりました。
最近私たちは、11/8~9に行われるEthnosという毎年恒例のカルチャーショーへ向けての練習に、一生懸命取り組んでいます。
毎年EthnosではACU生はもちろん、その他からもたくさんの観客が集まります。
約10組のグループがあり、それぞれの国の音楽をテーマにしたダンスを披露します。
今年の日本チームは黒田節という福岡県民謡を踊ることになりました。
本番までおよそ1か月になりました。
気を引き締め、勉強とEthnosの練習の両立をするように頑張りたいと思います!

P1040188

P1040196

Entra la plaza

お久しぶりです。新しいセメスターも始まり、もう二ヶ月が過ぎようとしています。
秋のセメスターにはたくさんの楽しい行事があります。その一つに、9月27日に行われた、Entra la plazaがあります。 このイベントはHispanos Unidos というラテンアメリカ系の人たちのクラブによって主催されました。そこでは、楽しい音楽、フェイスペインティング、メキシコ料理が提供され、プロのダンサーによる伝統的なメキシコのダンスが披露されました。主催者はこの行事を通して、ACUの皆さんとラテンアメリカの文化を祝福し、あまり知られていないラテンアメリカの文化のことを、皆さんに分かってもらいたい。といっていました。

SONY DSC

 SONY DSC

SONY DSC

春節 (Chinese New Year)!!!!

遅くなってしまいましたが、二月九日(中国では二月十日)に、チャイニーズニューイヤーフェスティバルがACUキャンパスの近くにある教会で開催されました。今回はチャイニーズニューイヤーフェスティバルについて、紹介しようと思います。

中国の新年は春節とよばれる、日本で言う旧暦の正月、旧正月と言われています。日本のように十二月三十一日から一月一日にかけて祝うものを正月と呼ぶのではなく、元日(一月一日)から始まる数日のことをいいます。春節は太陽暦に基づく祝日です。太陽暦での日付は毎年違っていきます。なので、中国にとって毎年、新しい年に変わる日が違うのです。

中国では新年を迎えるまで、学校、仕事などが休みになり、皆で祝います。こういったところは日本と同じですね。
日本では十二月三十一日の夜に親戚の方々、家族と集まり、年を越しますが、中国では一日一日ごとに予定がきまっており、その日によって、父方の実家に行き、皆で集まったりする日、母方の実家に行き、皆で集まったりする日、友達や自分の好きな人たちと過ごす日があります。中でも、もっとも、興味深い日だったのは、餃子を作る日があるということです。なぜかというと、日本のおせち料理のように、縁起のいい食べ物として、昔から食べられてきたからなのです。中国で餃子といえば、焼き餃子よりも水餃子だそうです。そして、飾りつけも、赤、黄、ゴールドをメインにしたきらびやかなものです。

日本と同じように中国でも圧歳銭(ヤースイチェン)とよばれる、お年玉と似たような物、があります。私もいただいてきました。中にはお金のかわりに、かわいいチョコレートがはいっていました。

さて、教会で行われた、チャイニーズフェスティバルでは、まず、中国の新年を楽しく、まとめた劇をひろうしてくれました。
 

 

 

見ていると、日本とにているところもあったり、違うところもあり、おもしろかったです。
気づくと、テーブルの上にはおいしくて、かわいい中国のお菓子がたくさんありました。中には今まで、食べたことの無い面白いお菓子もありました。

いろいろな中国の新年を学んだ後は、皆で、中国の年越しに食べられている食事をたべました。

なんとデザートも!
いろいろな中国の新年のことについて知ることもでき、 そして、中国料理も食べれる。知識も、おなかもいっぱいないい経験ができました。
あなたもACUにきたら、アメリカにいつつも、アメリカの伝統だけでなく、こうやって、他の国の伝統も知ることができますよ。

新年快乐!!友達に聞いてみたところ、中国語であけましておめでとうらしいです。

また、次回もACUの楽しい情報をおととけしようとおもいます。

 

 

ETHNOS!!!

11月9日と10日はETHNOS本番でした。この数ヶ月間、それぞれのグループは練習を重ね、いよいよ本番の舞台で大勢の観客の前で披露しました。今年のテーマは“カルチャーショック”。それぞれのパフォーマンスグループは、間に小さな多くの留学生が経験するアメリカでのカルチャーショックに関するスキット劇を挟みながら演技されました。この劇は留学生にとっても、アメリカ人にとっても面白い、コメディーが振り込まれ、シチュエーションコメディーでした。

我々、日本人グループは一番最初のパフォーマーでした。今年のダンスはソーラン節。会場が暖まっていない中、ダイナミックなパフォーマンスで観客に日本の堂々としたダンスを届けました。日本人グループは毎年、コスチュームから振りつけまで自分たちでアレンジして作り上げるので、制作プロセスの中でもみんなで協力して作り上げるという日本のカルチャーが見えたと思います。

今年は日本、韓国、中国、タイ、インド、韓国のK−ポップとパーカッショングループ、ラテンアメリカ、アメリカからはストリートダンスグループ、ボディークラップダンスグループ、スウィングダンス、ラップ、そしてコンテンポラリーダンスブループが参加しました。その中でもコンテンポラリーダンスグループのOmega Dance Group(オメガダンスグループ)はプロの振り付け師に指導されたグループなのでとてもすばらしい演技をみることができました。

ETHNOS 2012

私たち日本人を含め、ACUのインターナショナル生達は毎年11月に開かれるETHNOS Culture show(エスノス カルチャーショー)というショーに向けて現在、練習をしています。

毎年、それぞれの国やカルチャーを披露されるカルチャーショーは学園内や外からも600人ほどの観客が見にきてくれます。10組以上のグループがあり、一度に様々なスタイルのダンスや楽器演奏を披露します。

今年の日本人グループはソーラン節を披露することになりました。衣装や振り付けはすべてメンバーの生徒たちによって作られ、忙しい学校生活の中で一生懸命に本番への準備を頑張っています。
練習を重ねたグループたちは3回のオーディションを通過して、本番に出られます。第二回オーディションもちょうど今週行われます。

今年も、様々なグループのどんなパフォーマンスが見れるか、楽しみです。

ETHNOS!!!

ISAの主なイベントで挙げたように、ISAにとってもっとも大きなイベントもいえるETHNOSカルチャーショーが11月11日、12日にキャンパス内のおよそ800席の座席のあるCullen Auditoriumで行われました。このショーは世界各地やアメリカから集まったACUの生徒による自分たちの文化をダンスや歌、楽器演奏などをして披露するショーです。今年は全13グループのパフォーマンスはダンスでした。今年のショーの前半にはACUのダンスグループたち(SHADES,OMEGA DANCE,SWING CATS,SANCTIFY)によるダンスで始まり、マダガスカル、中国、ラテンアメリカ、韓国、日本、フィリピン、インドの国々のダンスでショーを彩りました。12日にはほぼ満席という成果を見せました。

今年の私たち、日本グループは7人の日本人ACU生と3人のアメリカ人、1人のマダカスカル人で構成されていました。この4人は日本の文化に興味のある4人でこのうち2人現在日本語のクラスを受けている生徒達です。このように、ほとんどのグループが現地の国籍を持った人とは限らず、グループ内でも様々な文化の交流が見られます。今年の日本のダンスのテーマは”MATSURI”ということもあり、映画「座頭市」からのエンディングタップダンスソングのFESTIVOの音楽に合わせて日本各地の祭りの動きを取り入れたダンスに仕上がりました。9月の上旬から練習を始め、ショーの前日まで、皆でがんばった成果がたった2日間のためのショーで終わるのは残念な気もしましたが、グループメンバー一人ひとりの頑張りがこの2日で表れたと思います。

ETHNOSの醍醐味として、様々な文化を観て体感するのもそうですが、実際に自分でパフォーマンスをして、他のグループメンバーとの交流をしたり、お互いに高めあって本番に挑むというグループの枠を超えた一体感を経験することが出来ます。みんなで1つのものを創り上げることにより、楽しさと同時に1人の人間として成長したと感じることができます。